鼻水が出る時のタミフルの有効的な使用法

タミフルという薬はインフルエンザの治療に非常に効果のある薬として、近年特に人々に知られるようになりました。人々はまるでお守りのように、インフルエンザになってしまった時にはタミフルに頼ろうとします。インフルエンザになると高熱だけでなく、様々な身体にとって不快な症状が現れます。そしてインフルエンザというのはとても風邪の症状に似ていますので、鼻水等といった不快な症状も当然現れます。そして鼻水が出るのが最も症状の中でも嫌だと思っている人が多いのです。
どうして人々はインフルエンザや風邪になることによって出る症状の中でも特に鼻水の症状が出ることを嫌だと思っているのでしょうか。何故なら鼻水というのは身体が不快であることはもちろん、気持ち的にも不快になってしまうからです。特に仕事をしていて忙しい人であれば、勤務中に鼻水がダラダラと出てしまうと、仕事どころではなくなってしまうことでしょう。
そのような人達にとっても、タミフルというのはとても役立つのです。インフルエンザで鼻水が酷い時にタミフルの使用法さえ間違えなければ、有効的に鼻の不快な症状を抑えて日常生活を送ることが出来るのです。
そしてもちろんタミフルを服用する際には、タイミングというものを見誤ってはいけません。どんなに優れた薬であったとしても、服用するべきタイミングを間違えてしまうと、100パーセントの力を発揮することが出来なくなってしまうからです。特にインフルエンザになってタミフルを服用しようとする場合、なるべく症状が出てからすぐに服用しなければ、インフルエンザの治療に100パーセントの力を発揮できないと言われています。鼻水の症状を抑える効果についても、当然同じことが言えます。

タミフルを出来るだけ安く買うには

タミフルを安く購入する方法としてまず挙げられるのは病院で診察を受けてインフルエンザと断定された上で処方してもらう方法です。
インフルエンザと断定された場合には保険適用での治療が受けられますから、タミフルに関しても3割の負担で処方してもらうことができます。
予防目的による完全自己負担と比べればはるかに安いですから、安全性や確実性を考えてもまず選ぶべき方法となるのがこの方法です。
ですが予防目的など治療以外の目的でタミフルを入手したいと言う場合、一つ方法として考えられるのが個人輸入です。
個人輸入とは個人が個人使用目的で海外から商品を輸入してくることで、現在ではインターネットを中心にその手続きを代行してくれる業者も増えています。
そうした業者を利用すれば国内の価格よりも安く手に入れられる可能性がありますし、ジェネリックを選べばさらに安く手に入れられるようになるでしょう。
日本国内ではまだタミフルの特許が有効であるため国内医療機関でタミフルジェネリックを処方してもらうことはできませんが、インドなどの地域では特許の扱いが異なるためすでにジェネリック薬の製造販売をしている会社があります。
そうしたジェネリックだと本来のタミフルよりもかなり安い価格で手に入れられるため、本当に安さを追求するということであればタミフルジェネリックを選ぶことも視野に入れるべきです。
ただ個人輸入の場合は販売している企業が偽物の薬を販売しているというケースが少なからず報告されていますし、偽物の薬を使ったとなると本来期待出来るはずの効果が失われてしまい、結局安物買いの銭失いになってしまいかねません。
よってこうした個人輸入は自己責任でしっかり考えてから利用するようにしてください。

タミフルと同時に服用してはいけない薬

タミフルはインフルエンザに良く効く薬として病院で処方されますが、同時に対処療法として解熱鎮痛剤、頭痛薬、咳止め、抗生物質など様々な薬が一緒に出されることがあります。これらは薬剤師や医師が、併用しても問題無いと判断しているため、使用することに問題はありません。タミフルには注意するべき薬もありますが、基本的に併用が禁止されるものはありません。ただ、インフルエンザの症状がある時に、飲んではいけないと言われる薬がいくつか存在します。これを知らずに服用すると、ニュースでも大きく取り上げられた異常行動などが起こる可能性があります。インフルエンザは突然の高熱や関節痛など非常に苦しい状態になるため、子供が発症したら、親は何とかして楽にしてあげようと焦ります。その時、タミフルと一緒に常備薬としておいている頭痛薬や解熱剤を投与することもありますが、その際にどの薬を服用するか注意しなくてはいけないのです。病院で処方される解熱鎮痛剤は、ほとんどがアセトアミノフェンで、厚生労働省でもその効果のために推奨しています。逆にアスピリン、ボルタレン、ポンタールといったものは、解熱作用はありますが薬理によって脳症を引き起こすリスクが高まるので使用は禁止とされます。脳症は肺炎と同じくインフルエンザで合併症を起こしやすく、特に10歳未満の子供や、60歳以上の免疫力が低下した高齢者に起こりやすいので、特に注意する必要があります。アスピリンなどは常備薬として家に置いている家庭も少なくないので、インフルエンザで熱が苦しいからといって、安易に使用しないように注意しなくてはいけません。基本的に、病院で処方されたものだけを使用し、それ以外は薬局で購入したり、自宅にあるものを使用することはしないようにしましょう。